資産1億の杉村太蔵氏が明かす 「株式投資の手法」が秀逸と話題に。

元衆議院議員、今はタレントとして活躍する杉村太蔵さんが、お昼の番組『バイキング』に登場し、株式投資についてキラキラ(ギラギラ?)した目で熱弁をふるっていました。

「えっ、なんで杉村太蔵が株の話を?」と思われる人もいるかもしれませんが、実は杉村太蔵さん、元証券マンなんです。そして現在保有する資産は1億円とも言われており、『バカでも資産1億円』という本まで出版しています。

book_sugimura

14万を200万にした主婦は何をしたか?

woman1

番組ではまず、投資に成功した主婦、失敗した主婦の実例が紹介されました。成功した主婦として紹介されたのは、なんと14万円を200万円にした主婦で、手法は下記のようなものでした。

①ドラッグストアで商品をたくさん見る。

②その中でヒットしそうな商品を選び抜く。

③実際に商品を使ってみる。

④良いと思う商品があれば、その企業の銘柄を買う。

まさに理にかなった投資法ですね。

主婦が2ヶ月で50万円の損失を出した理由

woman2

一方で失敗した主婦は、わずか2ヶ月で50万円の損失を出した主婦でした。失敗した主婦が何をしたかと言うと・・・

最初は利益が出ていたのに、ギリシャ問題、中国株式の暴落で、株価がみるみるうちに下がり、『まあ戻るだろう』と思っていたらさらに相場が下がり、最終的には50万円もの損失を出してしまったそうです。

杉村太蔵さんが実際に稼いだ手法

で、杉村太蔵さんが実際に実行した投資法は、まさに成功した主婦の手法でした。杉村太蔵さんの場合は、今後高齢化社会が到来するという理由から、“介護用のオムツ”に目をつけたそうです。

そして実際にいろいろなメーカーのオムツをご自身で試したそうです。そして試したオムツの中で、驚くほどサラサラのオムツがあり、その企業の株を購入したところ、思惑通り株価が上がったということでした。

株で稼ぐために必要なこと

diamond

ただし、杉村太蔵さんはこう言っています。

株を買ったら翌日に2倍、3倍になるとか、紙くずになるとか、そういったことは極めてレアケース。私はせいぜい年利8%くらいで運用している。

つまり、杉村太蔵さんが伝えたかったことは、『どれだけ徹底的にリサーチをしていたとしても、株式投資には必ずリスクがある』ということだと思います。例えば、杉村太蔵さんが買った銘柄も何かしら大きい経済ショックが起これば暴落する可能性がありますしね。

やはり株トレードには、危険なリスクが所狭しと潜んでいます。ですから、もしあなたが株トレードをする際には十分気をつけてください。できれば杉村太蔵さんのように実績を出しているプロの方に、教わるのがベストですね。

ただし・・・、もしあなたが講師を選ぶとしたら1つ注意が必要です。世の中には稼いでいるように見せかけるトレーダーもたくさんいますので、講師を選び間違えると利益が得られるどころか、大きい損失を被ることになります。

偽トレーダーに騙されないために

では、あなたがそんな偽者のトレーダーに引っかからないようにする為には、どういったことに気をつければ良いのでしょう?簡単です。「そのトレーダーに習った教え子が、本当に稼いでいるかどうか?」その証拠を確認すれば良いのです。教え子が稼いでいる証拠があれば、そのトレーダーを講師として選んで、ほぼ間違いないでしょう。

「でも教え子が稼いでいる証拠なんて見られないでしょ?」と思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。確かに「教え子が稼いでいる証拠」が公開されていることは稀ですが、公開されているケースもごく一部存在します。たとえば、現役トレーダーが講師を務める「株アカデミー」というスクールのホームページには、

教え子の実績が顔写真、証拠画像付きで掲載されています。

header-640x377

たとえば、「わずか1週間の勉強で、年利約67%を達成した」というトラック運転手の遠山学さんという方のインタビューが、証券会社の口座画面付きで公開されています。

今すぐ下のボタンをクリックして、年利67%遠山さんの証拠画像付きインタビューを確認してください!

実際にサイトのインタビューをご覧いただくと、遠山さんの驚異的な実績に驚かれると思いますが、やはり、しっかり利益が出ているからこそ、このように「本名、顔写真、証券会社の口座画像」この3点セットが揃って公開されているのです。

あなたも本格的に株式投資を始めるのであれば、ぜひこのような視点から信頼できる講師を、探してみてください。

情報を集めることが難しいと感じるあなたへ。

もし「証拠を探すのが面倒だ」「なかなか証拠までは見つけられない」ということであれば、やはり今紹介した株アカデミーがオススメです。公式サイト上で、遠山さんだけでなく、何人もの方が証拠画像付きでインタビューに応えているからです。